東京国立博物館ミュージアムショップ MUSEUM SHOP

TNM 東京国立博物館 TOKYO NATIONAL MUSEUM



書籍

デュシャン 人と作品(日本語版)(マルセル・デュシャン作品の内容)

デュシャン 人と作品(日本語版)(マルセル・デュシャン作品の内容)デュシャン 人と作品(日本語版)(マルセル・デュシャン作品の内容)
デュシャン 人と作品(日本語版)(マルセル・デュシャン作品の内容)
 rel00000028=

商品コード

BT20180101J

価格

価格
販売価格(税込):3,055 円

備考

2018年
フィラデルフィア美術館

※マルセル・デュシャン作品
※日本美術作品は別書籍となります

カテゴリ

書籍 : 特別展図録
個数  カゴに入れる

商品説明

全189ページ 重さ・665.5g

 「デュシャン人と作品」は、20世紀の最も偉大で謎めいた芸術家である
マルセル・デュシャン(1887~1968)について魅力的に、わかりやすく
紹介するものである。デュシャンの創造的な制作活動は、芸術とは何かと
いう根本的な問いを投げかけている。この極めて多大な影響力をもった
先駆者は、一人の芸術家として謎めいたままであるのにもかかわらず、
そのとらえどころのない人格と、慣習にとらわれない作品の性質によって、
人々に広く知られることとなった。

 本書では、フィラデルフィア美術館が所蔵する世界的に知られたデュシャン作品のコレクションに焦点を当て、四つの極めて重要な時期を通じてこの芸術家を物語る。初期の絵画、アヴァンギャルドとの関わりにはじまり、やがて絵画制作を放棄し、レディメイドを発明するまでの軌跡。彼の別人格であるローズ・セラヴィの創造、大戦間の光学的な実験、そして最終的に彼の人生最後の20年を費やした【遺作】(1946~66)の制作を追う。
デュシャンが革新的なアイデアのために用いた鍵となる言葉「レディメイド」、「絵画唯名論」、「精密光学」、「アンフラマンス」の解説、さらにはデュシャンへのインタビューや彼自身の発言も収録する。

btn_pagetop